みそちゃんとその父等 こたろう 忍者ブログ

みそちゃんとその父等

ねこと暮らすと、ねこが寄り付く。 そんなみそちゃん一家の日々を綴ります。 みそちゃんとその父等は、みそちゃん一家のコンテンツです。

2017/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こたろうが亡くなった後、たくさんの方からコメントやメッセージ、中には海外から
お読みいただいている方からいただいたメールもありました。そのため、
コメント欄、メールボックスはいっぱいになっています。
多数のお心遣い、また、一緒に悲しみを共有してくださった皆様にお礼を申し上げます。



話は変わりまして、昨日のお話しをしましょう。

あれから一晩経ちました。こたろうは白い箱の中で眠っています。
わたくしは5時に目が覚め、昨日の長いブログを1時間半かけて書き上げたあと、
箱をそっと開け、掛け布をめくり、こたろうの亡骸と対面しました。
ゆっくり撫でて、顔を見て。目が少し開いていたので、閉じてあげようとすると
体が固くなっていたため、それは出来ませんでした。
これがこたろうとわたくしのお別れです。

午前8時前。わたくしは事務所へと出勤します。
もう、こたろうとのお別れは済んだ。このまま出勤して、後はツマに任せよう。
いつまでも未練を残しても仕方が無いのです。何度撫でても同じ事なのです。

だが、駄目でした。もう一度、もう一度だけ・・・。
わたくしは箱を開けてしまいました。

頭を撫で、頬をそっと指が伝い、首筋、背中、お腹、もも、足、しっぽ。
わたくしの手がこたろうの体をゆっくりと通り過ぎていきます。
もう、この絹のようにしっとりとした、それでいて重たく質感のある
こたろうの毛を撫でたり、梳いてあげる事は出来ないと感じながら、
箱を閉め、家をでました。本当に、今度こそ、こたろうとのお別れを済ませました。





安置されるこたろう。




それから出勤、事務所のポンちゃんは、わたくしを通して亡骸の匂いを察知したかのように
不振な挙動を繰り返します。わたくしもなんとなく仕事が手に付かずにいました。
そして、ある時間を待っていました。


その時間は14時。午後2時。ツマと、

なつこ

もみじ

の火葬をお願いした、ペットpapaさん(以下パパさん)だけの告別式の時間。

パパさんは、初めてみそちゃん一家から旅立った、なつこの火葬をお願いしようと
わたくしがたまたま見つけた業者さんです。その際のお手配り、お心遣いが
とてもすばらしいものでしたので、みそちゃん一家でお別れがあった時は
全てお願いしています。6年前、なつこはわたくしが。1年半前、もみじはツマが立ち会いました。

わたくしはツマにメールを出しました。13:54『始まるのか』。
ツマから返事が来ます『うん』。
本当はわたくしも立会い、ツマと一緒に見送ればいいのですが、わたくしには仕事があり、
ツマはこの7月が長期休暇なので、時間のあるツマに立ち会ってもらいました。

そして、火葬台の上にこたろうとだいすきだったおもちゃ、お花、大好きだった黒缶を
並べたであろう。そこで最後のお別れ、小さな告別式をして、こたろうの体は焼かれ、
こたろうは体から離れ、魂の存在になっていくのです。






このトラックには電炉が積まれており、そこで荼毘に付されます。





こたろうの火葬が終わり、ツマから連絡がありました。
とても、とても白くてきれいなお骨。なつこやもみじの場合では残らなかった
犬歯(キバ)を含む歯も残っていたそうです。パパさんから、歯は別に持ち帰りますか?
とのお気配りをいただいたそうだが、ツマは全てを骨壷に納める事を望んだそうです。


こたろうが荼毘に付された。

この事実を受け、わたくしの心は安らぎます。
もうこたろうは違う存在になった。こたろうの肉体を見て、今にも動き出してくれるかもしれない
と言うありえない期待も完全に打ち砕かれる。なんと残酷な事だろう。だが、こうしなければ、
こうしなければならなかったのです。一刻も早くこれを行って、わたくしたちのありえない、
そして決してかなう事の無い願いを打ち砕き、思い知らせるのです。

残酷に書きました。しかしながら、荼毘に付し、形を変える事で、残された者の気持ちは
安らぐとわたくしは考えています。

生身の体は人の心を引っぱるのです。望み。それに向けて心を引き寄せてしまうのです。
火葬をして、お骨にして、本当にもう戻らない。決して還らない存在にする事で、
全てを断ち切るのです。

なつこ、もみじ、そしてこたろう。
わたくしは全て亡くなった翌日に子らを荼毘に付しています。
それは、肉体が傷み、無残な姿を晒すのが嫌である事と、
上記の通り強く心を引かれる事をおそれたからです。






こたろうのお骨。5.4kgの彼は、1.9kgのなつこより壺も大きめです。





そしてわたくしは帰宅します。
そこには3つめの骨壷。一回り大きな骨壷が増えていました。
骨壷を撫で、お線香を1本香炉に刺し、ゆっくりと手を合わせました。

それから、わたくしたちは買ってきたお寿司を食べて、こたろうの遺影を選別しました。
わたくしは全身が写ったこたろうのシックな姿を。
ツマは中性的な顔立ちの顔全体がきれいに写った姿のものを選びました。

こたろうはツマがとてもかわいがり、夜も一緒に寝ていることの多かった、
どちらかと言うとお母さんっ子。わたくしはツマの意見を尊重し、遺影はそれに決まりました。






遺影です。





遺影を添え、中心に姉のなつこ。向かって右、つまり祭壇から見て左にこたろう。
右にもみじのお骨と遺影を配し、お弔いは終了しました。






祭壇。





全てが終わり、みそちゃんとたみこだけの我が家は広く感じます。
こたろうがどこかに閉じ込められていて、戸をあけてもらうのを待っているのではないか?
ひょっこりどこからか顔を出してくるのではないか?
とも思います。みそちゃん一家の最重量級。こたろうの存在とその声は大きかったのです。

これで一先ずこたろうとのお別れに関するお話は終了し、
次にこたろうが登場するのは、もう思い出話になります。
これは、今週書くかも知れません。もしくは来週に、来週も書くかもしれません。
しばらく続くと思いますが、読者の、友人の、支えてくださった、ともに心を痛め、
涙を流してくださった全ての皆様に、またお読みいただければと存じます。


最後に、全ての方々に、みそちゃん一家を代表してわたくしから申し上げます。


ありがとうございます。

拍手[4回]

PR
日曜日の夜、息が荒くなり状態が不安定になったこたろうを、
救急病院へ連れて行く事を妻は決断した。私は翌早朝にポンスケの介護をするために
早く休まなければいけなかったため、こたろうと妻を送り出し、寝床に着いた。

すると、たみこがいつもと違う鳴き方を始めた。ずっと鳴いていた。
みそちゃんは落ち着き払っていて、とても嫌な予感がした。

妻からメールが来る。レントゲンと超音波検査などの診察から
わかった事。肺に胸水が溜まっていたので80CC抜いた。
原因は肺炎か肺水腫で、心臓の機能低下由来のものと聞かされた。
心臓があまりよく動いていなかったので、急変の可能性もあり入院との
報告があった。

それから、私は少し眠ってしまった。目が覚めて3時過ぎ。隣に妻が寝ていた。
とりあえず落ち着いたのだろうとほっとした所、妻の携帯が鳴り始めた。
妻の話し振りから内容は大体わかった。こたろうは危篤状態になった。

車を飛ばして救急病院へ行くと、こたろうは既に口を開け、舌になにやら
器具を付けられており、足元にはチューブが取り付けられていた。
そこから薬剤を頻繁に投与し、上半身では心臓マッサージが行われていた。

妻は泣き続け、こたろうにずっと話しかけていた。

やがて、救急の先生が話す。『今はもう、自力で心臓を動かす事が
出来なくなっています。このままの状態ではもう回復する見込みは
ありません。こたろうくんを楽にしてあげてはどうでしょうか』と。

妻はいえなかったが、私が『お願いします』と申し上げ、全ての治療が
終了し、こたろうは息を引き取った。平成24年7月23日午前4時8分の事だった。
がんばれ!と擦った、最後に触れたこたろうの体はまだ温かかった。

その後、体をきれいにしてもらい箱に収めてもらったこたろうを見て、
妻は泣いてばかりだった。泣かぬと決めていた私も、そのこたろうの顔を
見た瞬間、こたろう!と声を上げ、ほんの一声だが、泣いてしまった。

6年前、私はなつこの臨終を見届けた。ただ、この場合は白血病ウィルスとの
戦い。覚悟をしての戦いだった。だが、今回は違う。下部尿路に若干の
弱さがあり、療法食を食べていたこたろうだが、元気そのものだった。
こんな事が起こるとは思わない中での出来事だった。
それでも戦い方はあったはずだ。それについては後述の通りである。

その後は冷静だった。新宿に近い救急病院から事務所はすぐ近く。
箱の中で眠るこたろうを伴い、ポンスケの介助を済ませ、帰路に付いた。
いま、こたろうは白い箱の中で、体が傷まない様冷房を効かせた
部屋に安置している。今日の午後、荼毘に付す予定となっている。



----------------------------------------------------------------------



こたろうの心臓はいつから異常を起こしていたのだろう
3ヶ月?半年?どれだけのスパンで検査を続けていれば
心臓の異常に気がついたのだろう。

わからない。どこまで手を尽くせばいいのか。
毎日病院に通わせるのか、月に一度は健康診断をするのか。
少なくとも心臓が自力でほとんど動けなくなり、肺に胸水が溜まるような
事態になる前に気付いて対処は出来たのではないか?

少なくとも、妻が水曜日に『こたろうの息が荒く、首を振っている状況だった』
と問いかけた時に、『明日病院はお休みだけど、切迫した状況であれば
事前連絡をして時間を指定すれば診てくれるので、
9時半に伺うと私から連絡しておこう』と言えば、3日は時間が稼げた。
その話を受けた時のこたろうを見ると、幾分おなかの動きは
大きかったものの、遊びつかれでもしているんだろうと言う程度に考えて、
所用の多い週末を避け、今月休みを取っている妻に月曜日の午後にでも
連れて行ってもらえばいいと考えており、そのように指示をした。

翌日の木曜日。妻から再び『こたろうの様子がやはりおかしい』と言われ、
私は『またその話か・・・来週に病院へ行くんだろう?』と言い放った。
妻はそれでもしつこく3回同じ話をしたので、『お前が気になるなら
金曜日に連れて行って来い!』と少々強めの言い方をしてしまった。
結局こたろうは病院へ行くことはなかった。
その時、『よろしく頼む』と言っていれば2日は時間が稼げた。

金曜日、妻は病院へ電話をしていた。院長先生とお話した所、
食欲があるなら切迫した状況ではないだろうから、来られる時に
来てくださいと言う話だったそうだ。亡くなった後、病院へご報告を
した際には、『食欲はあるという事で、とりあえずは問題ないと
考えていました。これほど切迫した状況であれば、もっと早く来院されるよう
強く申し上げればよかった』とのお言葉を頂いた。
先生は悪くない。悪いのは決断しなかった私だ。

土曜は一週間の疲れを癒し、明日の法事に備えた。
この時病院へ連れて行っていたら、何とかなったのかもしれない。

日曜。こたろうが危篤状態になるおよそ半日前。
法事に参加して、懇親会で私は飲酒をしていた。
法事には妻一人に参加させ、私が病院に連れて行くことが
なぜ出来なかったのだろう。

馬鹿な私が、全てのチャンスを逃してしまった。
全てのシグナルを見落とした、またはそれを軽視してしまった。
こたろうを護ってあげられなかった。


----------------------------------------------------------------------


猫の病気はとても足が速い。
人間が1ヶ月で進行させる病状をわずか数日で進行させてしまうという。
こたろうには年に一度9月にワクチンを接種させていて、その時に健康診断を
受けさせるようにしていた。前回の検診では、心音、心拍、肥大等の
問題はなかったはずだ。あればうちの主治医が見逃すはずがない。
異常があるとすれば、その間の10ヶ月間。この間、こたろうは病院に
行っていない。

ねこの医療は底なしだ。その気になれば毎日病院で検査をし、
一挙手一投速を監視していればいいのだが、それでいいのか?
ほとんどの親は経済的な理由と時間が作れずにそれが出来ない。
常識的に考えて、自分達が生活をして、仕事なり学校へ行き、
生活の糧を稼ぎ、その中から使える部分をねこの食事や医療費に充てている。
どこまでその手間と費用を掛けていくことを考え、決断し、行動を
起こすべきなのだろう。今回のこたろうを失った件について、私は
改めてこの問題について考えている。何が出来て、何が無理なのか。
少なくとも、そこを限りなく見極められる状態に近づければ、
今回のような事態は避けられたのかもしれない。

医療、健康、シグナルについては再度熟考し、過敏になりすぎて
己を乱し、疲れてしまわないように。そして、楽観しすぎて大事な
シグナル、サインを見落とさないように自分を戒め、気を引き締めて。
残った子供達の健康を護るためにも。

昔、マルハペットフード(現アイシア)のCMでこう言うフレーズを聞いた。
『猫は健康に興味がない。人が選んであげないと』

猫は『お父さん、胸が苦しいんだ』、『息切れがするんだ』
『熱があるみたい』、『見えない部分なんだけど、ここを怪我した』
そんなことは何もいわない。人間じゃない。野生の動物なんだ。
それを人間の子と同様に慈しみ、育て、護っていくには、
この言葉を実践するしかない。厳しい言葉だ。簡単ではない。
でも、これは行わなければならないことだ。


今後とも、この問題はいっそう強く私の頭に残り続け、
猫と共存するに至って、常に考えていくことになるだろう。
その程度の事を教えられるために、授業料と言うには
あまりにも高すぎる代償を支払う事になってしまった。

私の愛する、大切な息子、こたろう。
この子はもう還ってこない。



拍手[1回]

突然のお話ですが、本日午前4時8分。こたろうが肺水腫のため亡くなりました。
6歳と3ヶ月の若い命でした。

木曜日の夜あたりから、呼吸が大きくなっているのに気付きましたが、
すぐに治まったりしていたので、大丈夫だろうと思っていました。
ところが、昨夜こたろうの様子が急に変わってきたため、ツマが救急病院へ
連れて行くと決めたのでお願いをし、診察を受けたところ、病状がわかりました。

病院では、先生を始めスタッフの皆様が最後まで投薬と心臓マッサージを
続けてくれましたが、これ以上の回復が見込めないとのお言葉を頂き、
治療を中止していただきました。

最後に触れたこたろうは、まだ温かかったです。
すみません。今日はここまでしかかけません。
詳しくは後ほどお知らせします。




※非公開コメントの方への返信です。
初めてのコメントをありがとうございます。また、温かいお言葉を頂戴いたしまして
重ねて御礼を申し上げます。前日のこたろうについて記事を書いてから、
わずか半日のことでした。その時点でこたろうの異変に気付かず、
普段どおりの生活をしていた事が悔やまれます。この経緯と反省につきましては、
今後時間を掛けてご説明をしたいと考えておりますので、よろしければご覧ください。

拍手[0回]

さて、わたくしは毎日毎日ブログを更新しております。

事務所で更新したり、自宅で更新したり、いろいろです。

事務所で更新する時はポンちゃんが邪魔をするのは既に有名ですが、

自宅で更新する時はこいつがやってきます。




早速甘えてきます。








はいはい。








うり~ん♪








だからそこで寝るなよ。




構ってちゃんなこたろうのお話を、酔っ払っているお父さんが書いています。



------------------------------------------------------------------------------
初めての方ははじめにをご覧ください!

記事がお気に召しましたら、下の『たみこ&みそちゃん』と『ポンちゃん』を押してあげてください。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


------------------------------------------------------------------------------

拍手[0回]

朝はわたくしの起床に合わせてくるこたろうです。

その分、夜には早く寝てしまいますし、昼間もよく眠ります。






早くもお寝んね




薄目あけちゃって、すごい寝顔だよ^^;






昼間も部屋の端に盛った毛布でお寝んね。





を!そこで小ネタ発見♪







あんよを巻くようにしっぽくるりん♪





もちろん、いつもと同じでオチはありません。




------------------------------------------------------------------------------
初めての方ははじめにをご覧ください!

記事がお気に召しましたら、下の『たみこ&みそちゃん』と『ポンちゃん』を押してあげてください。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


------------------------------------------------------------------------------

拍手[0回]

ツイッター

メールはこちらから

みそちゃん一家のみなさん


みそちゃん(♂)
1998(H10)5/31生まれ(推定)
毛色:きじとら
出身:東京都葛飾区



たみこ(♀)
2006(H18)4/15生まれ(推定)
毛色:さび(むぎわらさびとら)
出身:群馬県多野郡吉井町



ポンスケ(♂)
2001(H13)2/17生まれ(推定)
毛色:きじとら(よもぎ)
保護地:東京都中央区



なつこ1号(♀)
2004(H16)6/1~2006(H18)2/24
毛色:きじとら+白
出身:千葉県長生郡白子町

闘病記はこちら
ねこ白血病ウィルス感染症とたたかう(前編)
ねこ白血病ウィルス感染症とたたかう(後編)


こたろう(♂)
2006(H18)4/15~2012(H24)7/23
毛色:黒
出身:山梨県甲府市


※みそちゃん一家のねこは、全員去勢、不妊手術済みです。


最新コメント

[11/17 吉野の里]
[11/02 コタロウのハハ]
[10/25 きゃぴばば]
[10/25 うめまま]
[10/23 ひめ]
[09/20 うめまま]
[09/20 ひめ]
[09/20 きゃぴばば]
[09/19 コタロウのハハ]
[09/18 な~こ]

ブログ内検索

一家専用お買い物袋

~食事系~
かかりつけの病院が遠く
4kgサイズは取り寄せになるので
専ら通販で購入しています

腎臓サポートスペシャル4kg
(みそちゃん&ポンスケ用)


PHコントロール2
フィッシュテイスト4kg x 2
(たみこたろう用)




~トイレ資材~
トフカスサンド
(トイレ4台に標準装備)

(注)最近はネットよりコジマの特売(@598)で買った方が安いです。父はパワフルなので、7L x 4ベールも軽々持ち上げます。



その他の一般お買い物用

プロフィール

HN:
みそちゃんの父
性別:
男性

P R

| HOME Next >>
Copyright ©  -- みそちゃんとその父等 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]