みそちゃんとその父等 子は育つ 忍者ブログ

みそちゃんとその父等

ねこと暮らすと、ねこが寄り付く。 そんなみそちゃん一家の日々を綴ります。 みそちゃんとその父等は、みそちゃん一家のコンテンツです。

2017/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

弱っている時はこんな事を考えたりもします。

今から14年近く前のこと。
みそちゃんを拾いました。

当時は、ねこを育てる意識など無く、誰かにあげてしまおうと思い、友人知人の伝を
辿った末に誰も見つからず、仕方が無く引き取り育て始めました。
当然、若かりしわたくしは、子猫らしく振舞う彼に対して、つらく当たることもしばしばありました。
紆余曲折があり、色々と教えられ、彼の父親となれたわたくしは、仲のよい親子になることができました。




そんな彼は、色々思うところもあるでしょうが、立派な甘ったれに育ちました。



それから6年半後、白血病のなつこを引き取りました
この頃は、ねこ専門病院での教育も受け、ある程度ねこを育てる意識を持つようになったわたくしは、
ただ、ただ、この子の病気と闘っていこう。それだけを考えていました。
とてもかわいい子ですが、それに気づいたのは亡くなった後でした。




毎日が試行錯誤の連続でした。



なつこを亡くした翌年、こたろうがやってきました。
小さいうちは、ツマが怖がるほど厳しくしつけをしました。
しつけではなかったレベルかもしれません。

ところがある日、そんなことをしても仕方が無いと考えるようになりました。
これが転機だと思っています。



この子はやさしい甘ったれに育ちました。



その半年後、たみこを保護して育て始めました。
もうこの頃には、細かいこだわりは無く、毎日平穏に、やさしい時間が過ぎていきました。




抱っこ大好きで、気まぐれなあまあま娘になりました。




さらに半年後。ポンスケを保護しました。
この子は保護をした経緯、それから行うべき対応を考えたとき、
『絶対になついてほしくない』そう思いました。

一生身の回りを掘り下げて面倒見なければいけない。
家には住まわせられないので、接して上げられる時間も短い。

なついてしまったら、この子に寂しい思いをさせてしまうに違いない。
そう考えてのことでした。

ところが、この子が一番なついてしまい、
わたくしもその情にほだされてしまいました。




それでも、この方がお互いにとって幸せなのだと今は思えます。




結局、思うとおりになんて行かないんです。
思うとおりの存在に育て上げることなんて、少なくとも、わたくしにとっては無意味だったんです。

今はただ、元気に、人様に迷惑をかけず、どこに出しても恥ずかしくない。
そんな子に育ってくれさえすればと思います。
幸いにも、いまの4にゃんはみんなその意に沿った育ち方をしてくれています。
これでも贅沢かもしれませんが、今思える事と譲れないラインを考えると、
これだけは妥協したくありません。当たり前に生きていれば、当たり前にわかり、
当たり前にできるはずのことですから。

いつか、人間として子を設けた時に、この経験が活かされればと考えています。



----------------------------------------
初めての方ははじめにをご覧ください!

↓ランキング参加中です、クリックしてくださいね!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

無題

私も同じく亡きクリンを20年前に保護した時は
ネコの魅力なんて何にも知りませんでした。
でも彼を家族にと決めた時から
色んなことを教えてもらい
その「死」をもって私の今があります。
父さんもきっと1ニャンずつ迎えることで
沢山のことを学ばれたんですね・・・
人間の子も同じですよ(^_^;)
私はネコと一緒に育ててきましたもん・笑
ネコからも我が子からも色んなことを学び中です
by にゃタロー 2012/01/28(Sat)19:27:42 編集

にゃタローさん、ありがとうございます。

にゃタローさんはわたくしの前を歩く先輩ですね。
仰る通り、これからまだ体験していない出来事を体験する事で、
また色々と学ぶことになるのだと思います。

毎日色々と試行錯誤を繰り返して、みんなで大きくなっていきたいと考えています。
2012/01/29 18:50

無題

ワタスは、実家で子供のころからにゃんを飼ってマスたけども、、その頃はただ、可愛がってただけで、、
コタロウを迎えて、「あぁ~~!にゃんにとっても、ワタスはハハ親で、人間の子供と一緒やなぁ~!」と感じマスた。。
まるを迎えるときも、まるの意思はわかんないまま、手術まで!って、、ワタスのわがままなのでは…??と悩みました。。
子育ては、人間もにゃんこも関係なく、思うよーにはなかなか行かない。。
悩みっぱなしデス。。
でも、まるがウチにいること、、コタが元気になってくれたことで、、これでいいのかな?って思ってマス。。
子供達にとっても、コタ&まるがいる環境は いいのだろうと。。
疲れることもありマス。。人間デスもん!

疲れた時はムリをしないで、「疲れたぁ~~」って言っても、、きっとにゃんずが癒してくれます。。みんな人の気持ちわかってくれるモン!
by コタロウのハハ 2012/01/28(Sat)22:53:52 編集

コタハハさん、ありがとうございます。

そうですね!はじめはただかわいいから始まりますよね。
そこから命を預かることを学んで…ですね。

コタくん、まるちゃん、コタハハさんにすべてを預けてくれた
大切な子供。ここで生まれた子供になったわけですから、あとはハハさんの
裁量次第。まるちゃんの手術はとてもいい選択だったと思います。

われわれ、ゴールはありませんね。
わたくしもハハさんから、みなさんから、色々学ばせていただこうと思います。
2012/01/29 18:54
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

ツイッター

メールはこちらから

みそちゃん一家のみなさん


みそちゃん(♂)
1998(H10)5/31生まれ(推定)
毛色:きじとら
出身:東京都葛飾区



たみこ(♀)
2006(H18)4/15生まれ(推定)
毛色:さび(むぎわらさびとら)
出身:群馬県多野郡吉井町



ポンスケ(♂)
2001(H13)2/17生まれ(推定)
毛色:きじとら(よもぎ)
保護地:東京都中央区



なつこ1号(♀)
2004(H16)6/1~2006(H18)2/24
毛色:きじとら+白
出身:千葉県長生郡白子町

闘病記はこちら
ねこ白血病ウィルス感染症とたたかう(前編)
ねこ白血病ウィルス感染症とたたかう(後編)


こたろう(♂)
2006(H18)4/15~2012(H24)7/23
毛色:黒
出身:山梨県甲府市


※みそちゃん一家のねこは、全員去勢、不妊手術済みです。


最新コメント

[11/17 吉野の里]
[11/02 コタロウのハハ]
[10/25 きゃぴばば]
[10/25 うめまま]
[10/23 ひめ]
[09/20 うめまま]
[09/20 ひめ]
[09/20 きゃぴばば]
[09/19 コタロウのハハ]
[09/18 な~こ]

ブログ内検索

一家専用お買い物袋

~食事系~
かかりつけの病院が遠く
4kgサイズは取り寄せになるので
専ら通販で購入しています

腎臓サポートスペシャル4kg
(みそちゃん&ポンスケ用)


PHコントロール2
フィッシュテイスト4kg x 2
(たみこたろう用)




~トイレ資材~
トフカスサンド
(トイレ4台に標準装備)

(注)最近はネットよりコジマの特売(@598)で買った方が安いです。父はパワフルなので、7L x 4ベールも軽々持ち上げます。



その他の一般お買い物用

プロフィール

HN:
みそちゃんの父
性別:
男性

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- みそちゃんとその父等 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]