みそちゃんとその父等 2012年度動物供養祭 忍者ブログ

みそちゃんとその父等

ねこと暮らすと、ねこが寄り付く。 そんなみそちゃん一家の日々を綴ります。 みそちゃんとその父等は、みそちゃん一家のコンテンツです。

2017/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みそちゃん一家で不幸があった時、お世話になっているセレモニー業者の
ペットPaPaさんと、志を同じくするお寺さんの主催で動物供養祭を行うと伺ったので
昨日参加をさせていただきました。

お寺になつこ、こたろう、もみじのお骨を持参して、他家のお子さん達と共に
祭壇に供えて戴き、読経を頂戴し、供養していただくと言う形の法要です。
なつこは七回忌、もみじは一周忌、こたろうは四十九日になります。
本来はお塔婆をお願いする所なのですが、初めての申し込みなので
ばたばたしてしまい、忘れてしまいました。

読経の後は京都からお見えになった法師様から法話を戴きました。
30分ほどの内容なので、全て書くのは難しいのですが、要約すると
後に生まれ、先に去っていく子供達と我々人間との在り方について
説いて頂いたものと解釈しました。
とてもためになるお話で、色々と考えさせられました。

住職様からは、お骨をしかるべき所に納めることにより、
供養が終わるとのお話でしたが、
みそちゃん一家では少し考えている所があるので、お骨は持ち帰り、
祭壇に安置した後お線香をあげて御霊を鎮めました。

ツマは去年にもみじ、今年にこたろうの葬儀を頼んだのでPaPaさんに
お会いしていたのですが、わたくしは6年前になつこの葬儀でお会いして
以来、久しぶりにお会いしましたが、昔と変わらず優しい面持ちで、
なつこの事もちゃんと覚えていて戴きました。
供養祭にご参加された方々はおよそ130名。それぞれ午前と午後で2回行われ、
それだけでも多くの方々なのに、さらにご参加できなかった
ご遺族の事を考えると、どれほどの子達をお見送りされたのか。
それぞれ、一つ一つのお見送りを大切にされている事を改めて感じました。

来年はこたろうの一周忌。またみんなを連れて皆様にお会いできればと
考えています。

すばらしい機会を設けて頂いた事に感謝いたします。
ありがとうございます。





------------------------------------------------------------------------------
初めての方ははじめにをご覧ください!

記事がお気に召しましたら、下の『たみこ&みそちゃん』と『ポンちゃん』を押してあげてください。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


------------------------------------------------------------------------------

拍手[5回]

PR

無題

人間と動物が いかに密接に生活しているかよくわかりますね。
以前 お客様から聞いた猫の恩返しの話も お寺ご住職からのものでした。
恩返しなんかしてくれなくていいから 成仏して また生まれ変わってきてほしいですね。

こたちゃん もう四十九日ですか...

コタハハさん 大丈夫かなぁ
 
by きゃぴばば URL 2012/09/30(Sun)20:20:54 編集

きゃぴばばさん、おはようございます


単なる愛玩動物ではなく、家族として迎え入れているヒトがたくさんいて、
愛情溢れる生活をしているのだと実感します。
生まれ変わりを望む方、多いですね。その方々の元には、きっと新しい命として
還ってきてくれるのだと思います。わたくしは、一つの命をずっと持ち続けて、
一緒に眠る事が出来ればと思うほうの人間らしいです。

>ハハさん
お見えになったようです。
時間は掛かるでしょうが、我々は信じて見守るのみです・・・。
2012/10/01 05:40

無題

合同の供養祭というのがあるんですね。
まだ、見送ったことがないので、初めて
知りました。
papaさん、ちゃんとみんにゃのこと、
覚えてくださっているんですね。 
その方の優しいお人柄が文面からも伝わります。
by さんぐりえ URL 2012/09/30(Sun)20:22:37 編集

さんぐりえさん、おはようございます

首都圏は人口が多いからなのか、
このような形で扱ってくださる所があるようです。
参加された方の車を見ると、各所から集まってきているのが
とてもよくわかります。ここに集まってきたのは、ただの動物でなく、
家族の一員である事を強く感じている方々なのだなと実感しました。
2012/10/01 05:45

無題

とてもいい供養をしてもらって、、なつこちゃん、もみじちゃん、こたろうクンは幸せデスね。。
私も、ペットは本当の家族だし、人間を弔うのと
気持ちはなんら変わらないと思うケド、、あんまり理解がない人もいるのは確かデスね。。

こうゆう法要とか説話とかは、、心の平安のためにとてもいいと思いマス。。
ありがたいことデスね。。
by コタロウのハハ 2012/09/30(Sun)21:13:32 編集

コタハハさん、おはようございます

わたくしもそう思います。荼毘に付して、骨壷に入れて、祭壇に安置して、お線香を上げても
まだもう一つ欲しくなります。そこでこのような形の法要をしていただけると心が軽くなります。
ペットは難しいです。人間と変わらないように考えている方と、あくまで物としてしか考えていない、
またはそれ以下と考えている方々。埋葬されるのも、荼毘に付されるものから路傍に放置されてしまう
ものまで、人間のそれとはおおよそかけ離れた現状があります。法整備も人間のそれとは
全然違います。もちろん、そこには生息数、飼育の義務の有無、人間より短いサイクルの寿命、
誕生数の多さ、自然淘汰の厳しさ、人間社会への親和性などの垣根がたくさんあります。
それが理解の個人差に繋がっている事を常に考えています。

法要は形かもしれません。しかしながら、わたくしはそこで伺った内容について
考える事が出来る年齢になったようです。そのわたくしにとっては、とてもありがたい機会でありました。
2012/10/01 05:59

無題

沢山の方が集まられたんですね
ペットは大切な家族ですものね
by iomoca URL 2012/10/01(Mon)05:33:20 編集

iomocaさん、おはようございます

わたくしが予想した以上に遠方からご参加の方も多かったです。
まだまだ少数派だとは思いますが、同じ考えの方も少なくないのでしょう。
2012/10/01 06:00

無題

ペットじゃなく「家族」
今はそう思う方々が多いから
こうゆうのはとてもイイと思います
大切なものを亡くしたものは
何かにすがりたい・・・と思う事もあると思います。
お経をあげてもらったり住職さんのお話を聞いたり
同じ悲しみをもったものが集まることによって
気持ちが安らぐのですね・・・
我が家は田舎で、そうゆうことを耳にしたことがありません。ただ私が知らないだけかな・・・
うちはお庭に埋葬してるんで遺骨もないけど
形見の品と思い出のみです。
by にゃタロー 2012/10/01(Mon)08:34:51 編集

にゃタローさん、こんばんは

昔から家族のように扱われてきた動物達。
今は情報量が増えているので、さまざまな取り組みを知る機会が多くなります。
これはいいことだと思いますし、今後少しずつでしょうが、全国に伝播していくと思います。

自宅の庭に埋葬できると言うのは、ヒトほどに規制されていない事の
よい点が反映されていると思います。にゃタローさんのおうちのように、
そこに住み続ける事が出来るのであれば、最後の供養をされた場所が
いつも暮らしている場所と言うとてもよい環境ではないかと思います。
2012/10/01 20:34

無題

良い時間を持たれたようで、良かったですね。
人それぞれの考え方はあるでしょうが、愛したものを失った喪失感は、人もペットも変わらないものですね。その心を和らげ癒してくれる場の存在は良いことだと思います。
うちも庭にお墓を作っています。ピピは前の家だったんですが、お骨だけ持ってきました。ピピとフィガロと並んで葬ってあります。いつでもお参りできます。
大きな桜の根元で安らかに眠っていると思います。
by 吉野の里 2012/10/01(Mon)16:39:56 編集

吉野の里さん、こんばんは

ありがとうございます。日々の忙しさに追われ、省みる事の出来なかった日々が
脳裏によみがえってくる一日でした。いつも一緒にいるのに、改めて壺を持ち出さないと
わからないことも色々とありました。それでも、そこに居てくれたことに感謝しています。
この形で手元において置けてよかったと実感しています。

終の棲家に愛猫を埋葬する。すばらしい事だと思います。
愛する家族に見守られながら眠る。
ピピちゃん、フィガロちゃん。きもちよく、かわいらしく眠っている事でしょう。
2012/10/01 20:37
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

ツイッター

メールはこちらから

みそちゃん一家のみなさん


みそちゃん(♂)
1998(H10)5/31生まれ(推定)
毛色:きじとら
出身:東京都葛飾区



たみこ(♀)
2006(H18)4/15生まれ(推定)
毛色:さび(むぎわらさびとら)
出身:群馬県多野郡吉井町



ポンスケ(♂)
2001(H13)2/17生まれ(推定)
毛色:きじとら(よもぎ)
保護地:東京都中央区



なつこ1号(♀)
2004(H16)6/1~2006(H18)2/24
毛色:きじとら+白
出身:千葉県長生郡白子町

闘病記はこちら
ねこ白血病ウィルス感染症とたたかう(前編)
ねこ白血病ウィルス感染症とたたかう(後編)


こたろう(♂)
2006(H18)4/15~2012(H24)7/23
毛色:黒
出身:山梨県甲府市


※みそちゃん一家のねこは、全員去勢、不妊手術済みです。


最新コメント

[11/17 吉野の里]
[11/02 コタロウのハハ]
[10/25 きゃぴばば]
[10/25 うめまま]
[10/23 ひめ]
[09/20 うめまま]
[09/20 ひめ]
[09/20 きゃぴばば]
[09/19 コタロウのハハ]
[09/18 な~こ]

ブログ内検索

一家専用お買い物袋

~食事系~
かかりつけの病院が遠く
4kgサイズは取り寄せになるので
専ら通販で購入しています

腎臓サポートスペシャル4kg
(みそちゃん&ポンスケ用)


PHコントロール2
フィッシュテイスト4kg x 2
(たみこたろう用)




~トイレ資材~
トフカスサンド
(トイレ4台に標準装備)

(注)最近はネットよりコジマの特売(@598)で買った方が安いです。父はパワフルなので、7L x 4ベールも軽々持ち上げます。



その他の一般お買い物用

プロフィール

HN:
みそちゃんの父
性別:
男性

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- みそちゃんとその父等 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]